4月30日【Gift school 第5回】映画×コピーライター

4月30日(日) ギフト経済ラボ主催 ギフトスクールvol.5 開催します!
犬童一利監督作「つむぐもの」上映会×コピーライター 阿部広太郎『言葉をつむぐもの』

airbnbやクラウドソーシングを始め、聞く機会も増えたシェアリングエコノミー。
貨幣ではなく、人の優しさや恩義を重視し、知識や体験を提供し合うことで成り立つギフト経済(ギフトエコノミー)をご存知でしょうか。
ギフトスクールは、ペイフォワードの(恩送り)仕組みで運営するギフト経済ラボのプロジェクトです。
プロジェクトに賛同するゲストの方々が、各テーマごとに講義を行います。
なお、イベント諸経費から当日の参加費まで、全て前回の参加者からのギフトになっています。

ギフト経済ラボの仕組みとは?
http://greenz.jp/2013/08/23/karma_kitchen/


今回は「映画×コピーライター」をテーマに、韓国人女子と越前和紙職人の、介護を通して生まれる人と人との絆が描かれた犬童一利監督作「つむぐもの」上映会と、電通 コピーライターの阿部広太郎さんをゲストに迎え、言葉の講義を行います。

犬童一利監督作「つむぐもの」
http://www.tsumugumono.com/

[ゲストプロフィール]
阿部広太郎
(コピーライター/「企画でメシを食っていく」主宰)
1986年生まれ。2008年、電通入社。人事を経て、コピーライターに。「世の中に一体感をつくる」という信念のもと、言葉を企画し、コピーを書き、人に会い、繋ぎ、仕事をつくる。
東京コピーライターズクラブ会員。宣伝会議コピーライター養成講座「先輩コース」講師。
世の中に企画する人を増やすべく、2015年より、BUKATSUDO講座「企画でメシを食っていく」を立ち上げる。
初の著書『待っていても、はじまらない。―潔く前に進め』(弘文堂)を出版。 
https://twitter.com/kotaroa


過去の回では、「デザインの講義」NOSIGNER代表 太刀川瑛弼さん、「勉強の講義」greenz元編集長 兼松佳宏さん、「涙活の講義」吉田英史さんなど様々な講師の方々にご協力いただきました。

次の参加者へお金を置いていくもよし、もちろんただ授業や映画を楽しむだけでもよし。スタッフ一同お待ちしております。

[開催概要]

■日時
2017年4月30日(日)13:30?16:30
※17:00~懇親会を行います!お時間許す方ぜひ!

第一部:犬童一利監督「つむぐもの」
第二部:コピーライター 阿部広太郎『ことばをつむぐもの』

■場所
日比谷図書館 スタジオプラス
http://hibiyal.jp/hibiya/access.html

■定員
40名予定

■参加費
0円~ギフト制

■申込方法
下記の登録フォームからお申込みください。
https://goo.gl/forms/AyQVcEMB9ikcj7BB3

※Facebookの参加ボタンだけでは参加登録になりません。
必ず登録フォームからの申込をお願いいたします。

▼主催
Gift school
ギフト経済ラボ

▼問い合わせ
giftschool.lab@gmail.com
HP:https://giftschool.amebaownd.com/

●ギフト経済ラボ メルマガ

ギフト経済ラボが運営する「カルマキッチン」や映画 「Money&Life」の上映会などのイベント情報や、ギフト経済の実験や研究内容をお知らせする不定期メルマガです。

ご登録はこちらから